お問い合わせ

日本インフォメーション株式会社(代表取締役社長:斎藤 啓太)(以下、日本インフォメーション)、株式会社大広(代表取締役社長:落合 寛司)(以下、大広)、RooMooN株式会社(代表取締役:浜内 久乃)(以下、RooMooN)の3社は、共同で「コロナ禍における成人式に関する調査」を実施しました。

■共同調査実施の背景について

日本インフォメーションは、2020年12月1日に設立51周年を迎え、昭和・平成・令和と50年にわたって時代の変化を生活者の視点から見つめてきました。2020年6月に大広と共催したオンラインセミナー「次世代ロールモデル研究セミナー」では、18才以下の若者 (中高生)を対象としたクラスター分析手法「U-18クラスター」の運用についてプレゼンテーションを行いました。
※次世代ロールモデル研究セミナー:https://www.n-info.co.jp/seminar/20200625
※U-18クラスター:https://www.n-info.co.jp/service/u18/

 

大広は、2018年6月16日付けで 「次世代ロールモデル研究プロジェクト」を立ち上げ、18才前後の若者達に注目し、次世代を担う彼らがこれからの日本をどのように生きていけば良いかを考える情報発信サイト「18カラ~ノ、」を公開、運用してきました。2019年11月に日本インフォメーションと共同調査リリースを行い、2020年6月には日本インフォメーションと共催でオンラインセミナーを実施しました。
※「18カラ~ノ、」:https://www.18kara-no.jp/

 

RooMooNは、2018年10月に発足した女子大生・女子高生マーケティング集団「Trend Catch Project」の運営を中心に、企業へのマーケティング支援やトレンド発信を目的に活動するPRエージェンシーです。現在、関東・関西を中心とした高校生・大学生・短大生・専門学生、約90名が「Trend Catch Project」に所属しており、今後さらに規模を全国に拡大し、女性のライフステージに合わせたリアルな意見を社会に向けて発信していきます。
※Trend Catch Projectの学生が運営するメディア
「Trend Mirror」Instagram:https://www.instagram.com/trendmirror_jp/

 

この度、各社はお互いの若者を対象とした取り組みを発展させるために共同で調査を実施し、コロナ禍における成人式事情についてレポートします。

※本レポートの著作権は、日本インフォメーション株式会社・株式会社大広・RooMooN株式会社が保有します。
内容を転載 ・引用する場合には、「日本インフォメーション・大広・RooMooN調べ」と明記してご利用ください。

■調査概要

今回は、RooMooNが運営する女子大生・女子高生マーケティング集団「Trend Catch Project 」メンバーへのオンラインインタビューからレポートいたします。

 

■Trend Catch Project|メンバーを対象としたオンラインインタビュー

・調査方法:オンラインによる個別インタビュー調査
・エリア:首都圏/関西圏
・調査対象:2021年1月に成人式予定の女子大生2名、2020年1月以前に成人式実施の女子大生2名
・回答件数:合計4名
・調査期間:2020年12月3日(木)、2020年12月4日(金)

■結果のポイント②|オンラインインタビュー

本インタビューから得られた主なファインディングスは以下の通りです。

・ 成人式は、人生における大きな節目であることを自覚させてくれる大切な機会。(先輩)
・ 振袖をせっかく着たのであれば記念に写真を撮っておけばよかったと少しだけ後悔。(先輩)
・ 前撮りをすでに済ませたが、コロナ禍によって成人式の開催が変更されるのではないか不安。(新成人)
・ 3月には着物の購入や様々な予約を終え、準備万端。その先の就活に向けた準備も早々に開始。(新成人)

■主な調査結果②|オンラインインタビュー(先輩編)

①先輩インタビュー|2020年1月に成人式KMさん21才

成人式を迎えた時に感じたことは、周囲への感謝

■神奈川県出身で都内の大学へ通うKMさん(21才)。成人式を迎えて感じたことについて聞いたところ、当時、新成人代表の1人としてテレビのインタビューに答えたときのことを紹介してくれました。取材という特別な機会だったとはいえ、新成人として心境の変化を自覚的に感じていたことが分かりました。成人式は、式典・同窓会などの運営・参加を通して、人生における大きな節目であることを自覚させてくれる大切な機会であると言えます。

②先輩インタビュー|2020年1月に成人式SSさん21才

成人式で心残りは振袖を借りたのに記念撮影しなかったこと

■静岡県出身で都内の大学へ通うSSさん(21才)。成人式には振袖をレンタルして参加したが、写真は自分たちのスナップ撮影だけで十分と思い、スタジオなどでの記念撮影は行わなかったそうです。式典への参加を終えてから、振袖をせっかく着たのであれば記念に写真を撮っておけばよかったと少しだけ後悔をしたそう。数時間のためだけに振袖を着たのがなんだかもったいなかった気がしたとのことでした。振袖を着るのは短い限られた時間ですが、時間をおいてみると大切で貴重な機会だったと気づくこともあるようです。

■主な調査結果②|オンラインインタビュー(新成人編)

③新成人インタビュー|2021年1月に成人式TBさん19才

成人式が開催されるかわからない不安な気持ち

■兵庫県出身で京都の大学へ通うTBさん(19才)。成人式に向けては、こだわりの前撮りをすでに済ませており、当日に向けても友人とこまめに連絡を取り合っているそう。前撮りは京都で着物を借りて、街歩きをしながら写真撮影を行うというスタイル。そんな楽しみ・準備も着々と進めていながら、コロナ禍によって成人式の開催が変更されるのではないかという不安があり、戸惑いを隠せない様子でした。成人式という晴れやかな日に、地元の友人たちと集うという大切なイベントがなくなってしまうとしたらとても残念だという気持ちが伝わりました。

④新成人インタビュー|2021年1月に成人式AIさん20才

成人式は楽しみだが将来には漠然とした不安

■山口県出身で東京の大学へ通うAIさん(20才)。2021年1月の地元での成人式に向けて、2020年3月には着物の購入や様々な予約を終え、準備は万端のようです。すでに二十歳にはなっていても、当日友人たちと集まるまでは実感が持てなさそうということでした。成人式は楽しみしかないと答えつつ、一方で先々の就職については不安を感じているそうで、インターンなどへの参加をいち早く始めようと活動をスタートしているそうです。

▼共同調査①:定量アンケート編はこちらから

■今後の取り組み

引き続き、3社共同での調査リリースなどを発信していく予定です。
※2021年1月、3月、4月にそれぞれリリースを発信の予定
※それ以降も順次発信

■会社概要

会社    : 日本インフォメーション株式会社
所在地   : 東京都中央区銀座3丁目15-10 菱進銀座イーストミラービル4F
代表者   : 代表取締役社長 斎藤 啓太
資本金   : 5,500万円
設立    : 1969年12月1日
URL    : https://www.n-info.co.jp/
事業内容  : マーケティング・リサーチ事業、マーケティングコンサルティング 他

■本調査・リリースに関する問い合わせ先

日本インフォメーション株式会社  担当 : 浦田・子島・上原
TEL : 03-6260-6781  E-mail : ni_inquiry_report@n-info.co.jp

Recruit採用情報

Marketing,Your life work.

マーケティングを「一生の仕事」に

More Detail