お問い合わせ

BRAND AGING RESEARCH

ブランドエイジング・リサーチ

ブランドエイジング・リサーチについて

従来のブランド調査だけでは難しい、ブランド力低下の予兆を見出すための手法です。純粋想起で連想されたブランドイメージ記述を専門的知識を有する分析スタッフが 5つに分類し、これらの出現率・記述内容を分析することでブランドの 老齢化の予兆をいち早く定量的に発見することが可能です。

ブランドエイジング・リサーチはこのような目的でご利用いただいております

  • 問題を抱えているブランドの力を把握したい
  • これまでの調査では問題点を浮き彫りにできないので、あらたなアプローチを試してみたい
  • エビデンスを基に、社内にブランドの現状を問題提起したい

ブランドエイジング・リサーチの特長

Point1
生活者とブランドとの間の心の距離感を可視化し従来のブランド調査では発見できなかった ブランドの老齢化を予見できる

従来のブランド調査での想起率・認知率・好意度・イメージなど、変動が緩やかな指標だけでは把握しきれないブランドの「老齢化」 という要素を発見できます。

Point2
短期の結果を確認する購買データとは違い、中長期的なブランド力の診断ができる

現時点での行動結果を示す購買データとは異なり、将来的にブランドの老齢化や将来の購買行動を予見することができます。現状はデータ上で深刻な問題点が表れていなくても、水面下で老齢化が進んでいる場合があります。

Point3
購買データや従来の定点定量調査では把握できない生活者の心の変化を、先んじて可視化できる

将来的にブランドの老齢化を予見させる発言やブランドに対して著しく関心度の低い発言を、専門知識を有するスタッフが分析し、アラートワードを抽出します。

ブランド老齢化アラートとは

純粋想起で連想されたブランドイメージ記述を専門的知識を有する分析スタッフが 5つに分類します。これらの出現率・記述内容を分析することでブランドの 老齢化の予兆をいち早く定量的に発見可能です。

アラート分析の活用

アラート記述の分類、分析によりさまざまな示唆が得られます。アラート記述内容から老齢化の現れ方までも示唆 することでブランドの課題を明らかにします。

ブランドエイジング・リサーチの基本フレーム

製品カテゴリーユーザーに対して、以下項目を基本聴取内容として、状況に応じて適宜アレンジを行います。

  • ブランド認知 (純粋想起)
  • ブランド連想 (自由回答) → ブランド老齢化のアラート分析
  • ブランド認知/購入経験/リピート購入/現使用/現主使用 (助成想起)
  • 類似ブランド (自由回答)
  • 購入頻度・使用場面
  • ブランド選択時重視点
  • ブランドイメージ
  • イメージ充足度
  • ブランド好意度
  • ブランドの直近最後の購入時期
  • カテゴリー内の相対シェアイメージ
  • アクティブ度・活力度の人間年齢化
  • 今後の購入意向・推奨意向/NPS  など

ブランドエイジング・リサーチのスケジュール例

  • 企画設計・調査票作成 2~3週間
  • 画面作成・配信回収 1週間
  • 集計・定型サマリー作成・FAアラート分析 2~3週間

ブランドエイジング・リサーチの納品物例

ローデータ/GTデータ/クロス集計データ/自由回答集/定型サマリー/FAアラート分析