お問い合わせ

INTERESTING RESPONSE CLICKER

興味反応クリッカー

興味反応クリッカーについて

対象者にCMやインフォマーシャルなどの動画を見てもらいながら、シーンごとの気持ちに応じて、 「○(ポジティブな気持ち)」または「×(ネガティブな気持ち)」ボタンを押してもらい、直感的な評価を測定するものです。 動画閲覧後に回答する記述式アンケートだけでは捉えきれなかった

具体的にどのシーンの評価が高かったのか?低かったのか?

視聴中の気持ちの盛り上がり⇔気持ちのへこみの変化は?

を秒単位でグラフ化して可視することができます

興味反応クリッカーの活用シーン

  • インターネット・リサーチで、大量サンプルの直感的な回答を得ることができます
  • 動画をコマ単位で分析することができ、対象者の気持ちの動きを可視化することが可能です
  • 専用の解析ツールで、速報グラフをすぐに提供することができます
  • PC・タブレット・スマホなどデバイスを問わず、回答することが可能です

興味反応クリッカー評価イメージ

  1. STEP1:動画事前視聴
    STEP1:動画事前視聴
    ボタン
    実際に評価を行う前に、1回、評価するのと同じ動画を視聴します。
    事前に動画を見ておく事で、ポジ/ネガのボタンを押すタイミングをキャッチできるので、押し遅れを防止する事ができます。
  2. STEP2:評価
    STEP2:評価
    ボタン
    先程、見ていただいたのと同じ動画をご覧になりながら、
    それぞれのシーンについて、○(ポジ評価)×(ネガ評価)のボタンを押してもらい、各シーンの評価を得る事ができます。

興味反応クリッカー アウトプット

従来型の記述式クリエイティブ評価に興味反応クリッカーを加えて実施することで、CMや番組の成功ポイントや改善点をよりクリアに特定することができます。

従来型の記述式評価

■CM好感度
■好感度評価の理由
■好感を持ったCM要素
■CM内容理解度
■商品興味・購入意向
・・・・・・

CM興味反応クリッカー

時間軸は1秒ごと2秒ごと3秒ごと等に調整できるほか「シーンごと」にもアレンジ可能

  • 動画の長さは合計で最大15分まで可能です。

興味反応クリッカー(インターネット・リサーチ)でのスケジュール例

最短5営業日

興味反応クリッカー(会場調査 CLT)でのスケジュール例

最短11営業日

興味反応クリッカーの活用事例

SNS動画広告のクリエイティブ評価(インターネット・リサーチ)

SNSのメーカー公式アカウントより配信する動画広告(60秒)を、ターゲットの若年層がどのように評価するのか確認しました。 シーンごとのポジ・ネガ評価が可視化され、炎上リスクにつながるようなネガティブな表現がないか、スピーディにチェックすることができました。

TVCM案の絞り込み評価(会場調査 CLT)

発売前の新製品のCM案が複数あり、絞り込みを行うために調査を実施しました。 秘匿性が高い内容の為、会場調査(CLT)にて調査を実施し、評価の高い案に絞り込みを行いました。 興味反応クリッカーでの評価に加えて、ミニインタビューも実施し、より評価理由を深堀しました。 調査の結果、全体評価が1番ではなかったCM案の中でシーン別に切り取ると高評価の部分のみ切り取って、別案に組み込む改良につなげることができました。

オリジナルオプション

グループインタビュー(GI) / デプスインタビュー(DI)

「座談会形式」「1対1形式」でインタビューを行い、生活者の生の声を聴き、深層心理・本音に迫る手法です。

会場調査(CLT)

「試食・試飲」「模擬購買」「デザイン評価」など、生活者の反応がリアルに確認できる手法です。

インターネット・リサーチ

大量のサンプルに瞬時にリーチ。 画像や動画を利用した、アンケートも可能。