お問い合わせ

FASTVIDEO LOG

FASTVIDEO LOG

FASTVIDEO LOGについて

リサーチ協力者に依頼し、日常の指定されたシーンをスマートフォンで撮影し動画(写真も可)にして専用システムにアップロードしていただきます。動画を見て分析することでインサイトを探り出すリサーチ手法です。動画と合わせてアンケートや日記などをお願いすることも可能です。 家庭訪問調査(ホームヴィジット・HV)では、インサイトがわかりにくいとされている対象者へも有効。また、訪問や来場はお断りされるが、オンライン上の動画アップロードなら応諾してくれる場合もある為、新たな層へのリーチにもつながります。

FASTVIDEO LOG活用シーン

対象者の生活上における様々なシーンを、その場に訪問せずに切り取り見ることができます。 対象者に観察者の存在を気にさせることなく、観察が可能です。

  • 豆を挽いてコーヒーを淹れる様子
  • 洗濯機に洗い物を入れる様子
  • スキンケアしている様子
  • ある調味料を使用した調理の様子
  • 子供の歯磨きの様子
  • ペットがごはんを食べる様子
  • 活用シーン1
  • 活用シーン2
  • 活用シーン3
  • 活用シーン4

FASTVIDEO LOG 6つのメリット

  • 安価でスピーディに消費者の日常の動画が収集可能
  • 従来の手法(家庭訪問調査)に比べて、大量の動画を収集可能
  • 対象者に観察者の存在を気にさせることなく、観察が可能
  • クライアント様社内のスケジュール調整が不要
  • イメージと違う対象者が出現しても、量(数)で質をカバー可能
  • 長期間の経過を観察することも可能
納品専用ページで閲覧&ダウンロードが可能 ※SSL対応の高度なセキュリティ

FASTVIDEO LOG 他手法との比較①(定性)

メリット デメリット
FGI
  • 短時間でヒアリングできる
  • ファッションや価値観や雰囲気、ノンバーバルな情報を取得できる
  • 1人ずつ深堀りできない
  • 本音がでにくい
家庭訪問調査HV
  • 自宅の生活を観察可能
  • 表情が見える
  • 深堀ができる
  • 他の対象者の影響がない
  • 手間と時間がかかる
  • 参加人数が制限される
  • 対象者を緊張させてしまう場合あり
  • 早朝や夜遅い時間は無理
  • 地方など遠隔地への訪問は難しい
  • 自宅の生活を観察可能
  • 早朝/夜などのシーンでも観察可能
  • 多くの動画を短期間で収集可能
  • 地方居住者へも実施可能
  • 対象者を身構えさせずに観察可能
  • 単体ではHVほどの深さはでない ※定性との組み合わせで解消可

FASTVIDEO LOG  他手法との比較②(定量)

無意識/ノンバーバルな情報含め、圧倒的な情報量を得ることができます

※獲得できる情報量/種類の比較
他手法との比較②

ファストビデオ ログ 実施イメージ:全体の流れ/標準的なスケジュール

スケジュール

活用事例1:HUTテストとの組み合わせ

Case1 : HUT調査+FASTVIDEO LOG

例)HUTを組み合わせた試作品評価のためのFASTVIDEO LOGの活用

[調査設計] ■50名 50~60代女性 ■2週間 [設計例] ■最初の数日は普段の実態把握を行い、 使用したタイミングで使用状況を動画投稿。 ■次の数日は、試作品を使用しての使用感評価把握を行い、使用したタイミングで使用状況を動画投稿。 試作品のユーザビリティを観察し、普段品とのギャップから気づきをさぐる。

活用事例2:定性調査との組み合わせ

Case2 :FASTVIDEO LOG+定性調査

例)定性調査の事前課題でFASTVIDEO LOGを活用。インタビューで理由を深堀

[調査設計] ■10名 20代女性 ■3週間 [設計例] ■リクルート完了から、インタビュー参加まで、普段の生活や化粧品の使用実態についての日記調査を記入。 さらにメークしている様子を動画投稿。IDIで対象者と一緒に日記と動画を見ながら、理由や深層心理を深堀する。

活用事例3:試聴会を兼ねたワークショップ

Case3 :FASTVIDEO LOG+視聴会を兼ねたワークショップ

例)FASTVIDEO LOGで収集した動画より、気づきを得るためにワークショップを実施

オリジナルオプション

グループインタビュー(GI) / デプスインタビュー(DI)

「座談会形式」「1対1形式」でインタビューを行い、生活者の生の声を聴き、深層心理・本音に迫る手法です。

インターネット・リサーチ

大量のサンプルに瞬時にリーチ。 画像や動画を利用した、アンケートも可能。