お問い合わせ

ONLINE INTERVIEW

オンラインインタビュー

オンラインインタビューについて

テレビ会議システム(Zoom、Skype、V-CUBEなど複数使用)を活用し、オンラインでインタビューすることが出来ます。 円滑なコミュニケーションの為に1~4名くらいまでのインタビュー(座談会)を推奨しています。視聴者も対象者も司会者も、通信機器があればどこからでもインタビューに参加、モニタリングが出来ます。後日録画を視聴することも可能です。

オンラインインタビューはこのような目的でご利用いただいております

  • 新型コロナウイルスの感染リスクを気にせずインタビューがしたい
  • 安価でスピーディにインタビューが実施したい
  • 首都圏だけではなく、地方在住者へインタビューしたい
  • 出現率の低い対象者条件でスクリーニングしてインタビューを実施したい
  • 自宅の様子を観察したり試作品を試用してもらいたい

オンラインインタビューの特長

Point1
新型コロナウイルスの感染リスクを気にせずインタビューができる

対象者からは、モデレーター(インタビュアー)のみカメラに映るように会議をセッティングいたします。 クライアント様はモデレーターへ別端末のチャットで、追加質問等の投げかけがより簡単にリアルタイムに対応できるので、高い満足度を得ることが出来ます。

Point2
安価でスピーディにインタビューが実施可能

高価なインタビュー会場費が不要となり、安価に実施が可能です。また対象者がご自宅から参加いただくため、予定の調整が付きやすく、スピーディに実施できます。

Point3
アンケートシステムと組合わせ、事前票記入・画像・動画呈示も可能

インターネットリサーチ用のアンケートシステムなどを組み合わせて、インタビュー内容に即したアンケート記入、評価物(PKGや動画など)の呈示が可能です。

Point4
テスト品を試してもらうところや自宅の様子を確認できます

対象者に実際にテスト品を家庭で使用してもらいながら、そのままオンラインインタビューをすることが可能です。使用している最中に使用感を聞くことでよりリアルな意見を引き出すことができます。

全参加者宅へiPadとモバイルルーターを送付し、通話品質をコントロール

当社のオンラインインタビューの最大の特長は、通信品質を担保するためiPadとモバイルルーターを貸し出し対象者のご自宅へ送付する点です。ご要望があれば、クライアント様側にも貸し出しが可能です。通信機器所有の有無やデジタルリテラシーが対象者条件に必要となることはありません。

事前接続テストを行うことで、本番でスムーズに進行することが可能

貸し出したiPadとモバイルルーターを使用し、事前に接続テストを行います。70代の方でも実施事例がございます。

様々なリサーチノウハウを駆使してインタビューを進行

アンケートシステムと組合わせて、インタビュー中にあらかじめ用意していた事前票記入・画像・動画呈示も可能です。

ホワイトボード・画面共有機能で、コンセプトやPKG画像の呈示も可能。※司会側で呈示タイミングが調整できます

カメラの向きを反転させ(自分の顔→室内)、自宅の様子を動画観察することや試作品の試用も可能(※事前応諾要)

オンラインインタビューのスケジュール例

オンラインインタビューの納品物例

発言録/事前課題・記入物コピー/報告書等

発言録(例)

報告書(例)

報告書(例)

オンラインインタビューの活用事例

PKG受容性調査(PKG評価)

飲料の新製品の複数あるPKGのうち、コンセプトと合わせてどれが受容されるのか、ブラッシュするポイントはどこなのかを探るために実施しました。

掃除用洗剤の使用実態把握調査(ユーザー実態)

洗剤の使用実態を把握するために、生活するうえで、どんな場面で何を気にしながら使用しているのかを確認しました。また実際に使用している場面を再現してもらい、室内の様子もカメラで映しながらインタビューしました。

調味料の試作品評価調査(味覚・ユーザビリティ評価)

調味料の試作品の味覚や容器のユーザビリティ改善点を確認するために、事前に調理をしてもらったうえで、ヒアリングを実施。当日は台所の様子もカメラで映しながらインタビューしました。

オリジナルオプションのご紹介

ホームユーステスト(HUT)

FASTVIDEO LOG

事例紹介:(トイレタリーメーカー)

シニア層に対して事前に試作品を使ってもらいオンラインインタビューを行いたい

リサーチャーコラム:やってみました!オンラインインタビュー

~メリット・デメリットとこれからの可能性~