お問い合わせ

Strengths

日本インフォメーションの強み

意思決定に役立つConsumer insightsを

日本インフォメーションは、メーカー企業を中心としたクライアント企業のビジネス課題解決の為に、様々なマーケティングリサーチを実施する総合リサーチエージェンシーです。
ただのデータ提供ではなく意思決定に役立つConsumer insightsの提供を心掛け、経験豊富なリサーチャーによる普遍的なリサーチのノウハウと、最新のIT技術を掛け合わせ、付加価値の高いリサーチの提供します。

Strengths

日本インフォメーションの強み

マーケティングリサーチのプロとして長年の実績を有するスタッフが、
クライアント企業の皆様の意思決定に役立つリサーチをご提供します。

01Strength

リサーチャーによるワンストップリサーチコンサルティング

POINT1:多数在籍する経験豊富なリサーチャーより適切なリサーチ企画を立案

高度な専門知識を持つ経験豊富なリサーチャーが多数在籍しており、リサーチ課題に合わせて最適な調査企画を立案します。また、クライアント企業のみなさまの課題抽出の為、コミュニケーション能力にも長けています。一方でリサーチャーの属人的スキルに頼ることのないよう、組織的にナレッジを蓄え若手リサーチャー育成にも努めております。

POINT2:ホスピタリティあふれるワンストップリサーチコンサルティング

日本インフォメーションではリサーチャーである営業企画(プランナー)がクライアント企業の窓口を担当します。プロジェクトの最後まで一貫して一人のリサーチャーが担当し、業務の引継ぎ漏れ等のストレスを感じさせることなく、高品質なリサーチ運用をご提供します。クライアント企業の皆様の立場に立って、最適な提案を行います。また、どのリサーチ案件も各部署のシニアリサーチャーが監修しており、品質の安定化を図っています。

02Strength

リサーチ専門会場/ネットワークと専任調査員による柔軟で安定したオペレーション

POINT1:豊富に自社会場や専門設備を抱え、柔軟で迅速なスケジュール対応が可能

CLT専用会場が3会場、FGI専用会場が3会場と、計6つの自社会場を有しています。業界トップクラスの実施実績を有するCLT調査、定性調査それぞれの課題に適したリサーチをデザインすることが可能です。また、調査に必要なあらゆる設備・資材を保有しており、都度レンタルの必要もありません。
調査会場詳細はこちら

CLT専用会場

銀座EXAM

CLT高円寺

CLT新宿

FGI専用会場

SPEAKS東銀座

赤坂BIRD‘S-EYE

SPEAKS大阪

各専用会場の専用設備例

業務用冷蔵・冷凍庫

リアルシェルフ

スーパー・コンビニ・ドラッグストアの陳列棚

POINT2:専門性の高い専任調査員による手厚く高品質なリサーチ運営

日本インフォメーションでは、CLTやHUTで活躍する専属の調査員を業界最大規模約80名抱えています。長年の調査実査経験を持ち、定期的な社内研修を受けている調査の実査専門集団です。「対象者のコントロール」「回答内容の深堀フォロー」「レシピに沿った一定品質の調理対応」など、CLT調査やHUTを行うに欠かせない専門スキルを有し、品質の高い実査対応を担っています。

CLT調査詳細はこちら

HUT調査詳細はこちら

回答深堀りも適切に実施

定期的に実施される調査員研修

調理オペレーションも適切に実施

03Strength

低出現率にも対応する大規模生活者リクルートネットワーク

POINT1:「機縁リクルート網」+「WEBモニター網」を活用した業界最大級の生活者リクルートネットワーク

日本インフォメーションは業界でも珍しく、2つのリクルート手法「機縁リクルート」「WEBリクルート」それぞれのネットワークを大規模に持ち合わせています。それゆえ定量・定性調査問わず、他社では困難な難しい/複雑な条件でも対象者を探しだします。
※様々な地方や後期高齢者などのシニア層でも対応可能

リクルーティング詳細はこちらから

機縁リクルート
登録リクルーター数

150

※リクルーターごとに多くの対象者情報を保有

自社WEBパネル
登録者数

110 万人

提携WEBパネル
登録者数

600 万人

※2019年2月末時点

POINT2:徹底した品質管理オペレーションによる精度の高いリクルート

様々な品質管理オペレーションを実施し、精度の高いリクルートをご提供しています。例えば、機縁・WEB問わずスクリーニング完了後に必ず当社より候補者に再度電話にて条件確認を行い、誤った条件の対象者の参加を防いでいます。また、過去にリサーチに参加した履歴をデータベースで管理しており、参加回数の多い対象者が混ざることのないようコントロールを行っています。

04Strength

高度な専門性を有する集計分析力

POINT1:リサーチ課題にあった成果物(集計データやリサーチレポート)の作成力

日本インフォメーションのリサーチャーが、リサーチ課題を解決するFactやInsightを発見するべく集計と分析を行い、リサーチデータやレポートをお届けします。代表的な納品物では「クロス集計データ」「自由回答集」「有意差検定結果」「グラフ集」「リサーチレポート」「多変量解析」などがあります。リサーチ課題に合わせて最適な分析方法を選択し、デザインに優れたレポートの形としてご提供します。

クロス集計データ

リサーチレポート

POINT2:多変量解析やテキストマイニングなどの高度な分析にも対応

通常の分析に加えて、「多変量解析」「テキストマイニング」「ベイズ統計」など、様々な手法にて対応することが可能です。リサーチ目的に応じてご相談ください。

多変量解析詳細はこちらから

テキストマイニング詳細はこちらから

対応可能な解析手法の一例

特徴を知る

主成分分析・因子分析
コレスポンデンス分析
数量化Ⅲ類・Ⅳ類
MDS(多次元尺度構成法)
共分散構造分析(SEM)

原因を知る・予測する

回帰分析
判別分析
数量化Ⅰ類・Ⅱ類
コンジョイント分析
ディシジョンツリー(決定木)

グループ分けをする

クラスター分析

その他解析

テキストマイニング
PSM分析

05Strength

経験とIT技術を掛け合わせた対応/新しいリサーチ手法の開発力

POINT1:マルチデバイスに対応したインターネットリサーチを実現する専門スタッフとアンケート専用システム

リサーチャーでありインターネットリサーチ対応専門のスタッフが、専用のアンケートシステムによりWEBリサーチを設計し画面作成を行います。各調査に最適なパネルへのアンケート依頼、スマートフォンでも回答しやすいアンケートシステムを用い、高い精度のデータを収集します。

インターネットリサーチ詳細はこちら

アンケートパネルサイト(Qzoo)へのリンクはこちら

アンケート回答システム

PC版

スマートフォン版

オンライン集計システム

 

 

※特殊な知識は不要です。簡単操作で集計軸の作成や集計ベース設定などができます。

POINT2:ITを活用した新しいリサーチ手法の開発力

現在の激動する環境変化に対応するべく、様々なリサーチ実績やナレッジを活かしたり、最新のIT技術を既存の手法に掛け合わせたりし、新たな付加価値をご提供するべくリサーチ手法の開発を随時行っております。データコレクションの方法はIT技術の進歩により増えましたが、データを扱う本質を理解している我々だからこそ、有意義な手法を開発することができます。

新たなリサーチ手法の一例

・ IT技術を活かしたリクルートとタブレット回答による「FASTCLT」

・ オンライン上で動画収集可能な「FASTVIDEO LOG」

・ 即時納品可能なアウトプットツール「FASTGRAPH」

・ 生活者のリアルコミュニティに潜り込む観察手法「フィールドインタビュー」

など

06Strength

約50年の独立系リサーチ会社として積み重ねたリサーチ実績

POINT1:多くのナレッジを有し、クライアント企業の皆様へリサーチをご提案します

日本インフォメーションは約50年、どの資本にも属さない独立系のリサーチ会社として、中立的な立場でリサーチをご提供してまいりました。会社として蓄積した業界トップクラスの豊富な経験と実績から得られたナレッジを基に、リサーチをご提供いたします。

POINT2:オリジナルメソッドの開発やリサーチの情報をご提供するセミナー、研修も開催

オリジナルのメソッドとして近年では「U-18クラスター」「トリレンマ・コンパス®」等の解析を開発し、皆様にご提供しております。リサーチプロジェクトだけではなく、リサーチのメソッドをご紹介する自主セミナーを開催したり、リサーチスキルを学ぶ研修も実施しています。

セミナー情報詳細はこちら

U-18クラスター詳細はこちらから

トリレンマ・コンパス®詳細はこちらから