お問い合わせ

Group Interview / Depth Interview

グループインタビュー(GI) / デプスインタビュー(DI)

グループインタビュー(GI) / デプスインタビュー(DI)について

日本インフォメーションでは、マーケティングリサーチの創成期から業界でも先進的に専用のグループインタビュールームを設立し実施してきた手法です。アンケートモニターを専用のグループインタビュールームに集め、プロの司会者の進行に沿って、生活者の意見を引き出します。

グループインタビュー(GI)とは

デプスインタビュー(DI)とは

グループインタビュー(GI)/デプスインタビュー(DI)の活用シーン

グループインタビュー(GI)/デプスインタビュー(DI)の特長

Point1
長年の経験に基づく企画設計とインタビューメソッドの提案

これまでの経験・ノウハウに基づき、最適な調査企画とインタビュー手法をご提案することが可能です。デザイン思考のアプローチに基づいた企画・インタビュー設計も対応しています。

インタビューメソッドの一例

ラダリング法

コラージュ法(メタファー法)

グルーピング

Point2
経験豊富なモデレーター(司会者)・書記によるインタビュー進行

自社モデレーター5名、パートナーモデレーターを約100名程度抱えております。インタビュー内容を速記する書記もパートナーとして約80名登録しています。調査カテゴリーやテーマに合わせて、最適なモデレーターをアサインします。インタビューフローから発言録、報告書作成まで、トータルにサポートいたします。同日に複数司会者が必要な案件も対応可能です。

自社モデレーター数

5

登録モデレーター数

100

登録書記数

80

※いずれも2019年2月末時点

Point3
難しい条件でも集めきるリクルート力・複雑な事前課題等の適切な対象者管理

「機縁リクルート網」+「WEBモニター網」を活用した業界最大級の生活者リクルートネットワークを有しています。

グループインタビューやデプスインタビューなどの定性調査は、対象者の質が調査の成功を左右します。複雑な条件でも条件外の対象者を出さないよう、当社より徹底して確認を行ったうえで、調査目的に合った質の高い対象者を参加させます。また「日記」を書かせることや、「事前に店頭購入する」「使用の様子を写真や動画撮影する」など複雑な事前課題を課す場合でも、適切に対象者を管理します。

Point4
充実の設備を有する自社会場を多数保有

充実の専門設備を有する3つの自社会場があります。対象者の様子を詳細に観察することが可能です。

SPEAKS東銀座赤坂BIRD‘S-EYESPEAKS大阪

4台のカメラで参加者を多面的に捉えます

広いミラールームは多くの見学者を収容可能

司会者へ指示を送れるメモシステム

マルチモニターで映像を分割出力

調理ができるカウンター設置

温水完備の洗面台でメイクも可能

グループインタビュー(GI)/デプスインタビュー(DI)のスケジュール例

グループインタビュー(GI)/デプスインタビュー(DI)の納品物例

発言録/事前課題・記入物コピー/報告書等

発言録(例)

報告書(例)

報告書(例)

グループインタビュー(GI)/デプスインタビュー(DI)の活用事例

コンセプト受容性調査(コンセプト評価)

お菓子の新製品の複数あるコンセプトのうち、どれが受容されるのか、ブラッシュするポイントはどこなのかを探るために実施しました。

化粧品の使用実態把握調査(ユーザー実態)

化粧品の使用実態を把握するために、生活するうえで、どんな場面で何を気にしながら使用しているのかを確認しました。求める価値をあぶりだすために、複数ある写真からイメージに近いものを選んで、その理由を発言してもらうコラージュ法を取り入れました。

WEBサイト調査(ユーザビリティテスト)

WEBサイトの改善点を確認するために、実際にサイトを操作してもらいながら、ヒアリングを実施。当社所有のアイトラッキングも使用し視線経路も含めて分析を行いました。

オリジナルオプションのご紹介

アクティブインタビュー

ワークショップ