お問い合わせ

日本インフォメーション株式会社 (代表取締役社長 :斎藤 啓太)(以下、日本インフォメーション)、株式会社 大広 (代表取締役社長 :落合 寛司)(以下、大広)、の2社は、共同で「関東関西のZ世代に関する調査」を実施しました。この調査は2021年9月に実施したものです。

サマリー

  • 関東関西では幸福度が高いのは関西
  • さらに関西エリア別幸福度トップ3は「神戸市」「大阪泉州」「大阪市」
  • 幸福度と自由に使えるお金の多さは比例しない
  • Instagramを使いこなしている関西女子
  • 神戸市Z世代はInstagramを通じた個性の発信も積極的
  • Z世代にとってYouTubeは情報収集メディアの1つ

※「関東関西のZ世代に関する調査」調査結果サマリーは上記。調査詳細はページ下部へ別途記載しています。

■調査概要

今回は、日本インフォメーションが運営するリサーチモニターの16才から22才までの男女を対象とした定量アンケート調査の結果について、特徴的なファインディングスを中心にレポートします。

調査手法   : Web調査
エリア    : 関東(東京都)・関西(近畿2府4県)
対象者    : 高校生・大学生
サンプルサイズ: 1500サンプル

割付:

 

 

 

 

調査時期:2021年9月

※本レポートの著作権は、日本インフォメーション株式会社・株式会社大広が保有します。
内容を転載 ・引用する場合には、「日本インフォメーション・大広調べ」と明記してご利用ください。

調査トピック①:Z世代幸福度を東西・エリア別比較

関西の方が幸福度が高く、関西エリアでは神戸が1位に

■「あなたは幸せですか」という質問に対して100点満点で点数をつけてもらい、その平均値をエリアごとに比較したところ、まず関東・関西では「関西の方が幸福度が高い」という結果になりました。

さらに関西エリアの単位を細分化し、各都道府県内のエリア別という単位での比較も行ったところ、1位が兵庫県神戸市、2位が大阪府泉州エリア、3位が大阪府大阪市という結果になりました。

 

※pt平均値にてランキング算出
※その他のエリア(滋賀県・和歌山県 等)はサンプル数不足のため分析対象外

■また、その点数につけた理由について自由回答で回答してもらったところ、神戸エリアの特徴を述べている対象者が見られました。

 

幸せはお金じゃない?幸福度と自由に使えるお金の多さは相関せず

■「あなたが、生活費(家賃や光熱費などの固定費)以外に自由に使えるお金はいくらですか。」という質問に対して、金額を入力してもらい、その平均金額をエリアごとに比較した結果、幸福度トップ3のエリアはいずれも上位にランクインしないという結果になりました。自由に使えるお金の多さと幸福度は直接的には関係がないという事が読み取れました。

調査トピック②:Z世代の情報収集実態トピック【エリア別比較】

約8割が利用するInstagram、使いこなしているのは関西女子
■調査トピック②において、幸福度スコアのように東西での差及び男女差が見られた、Instagramの利用目的についてエリア別男女別でさらに深く考察をしました。まず関東・関西の男女で比較した結果、投稿・閲覧・情報収集など様々な項目において男女差が大きく生まれているという事が分かりました。特に関西における男女差が大きく、関西女子は自ら投稿する・友人の投稿を見る・情報収集のためなど、利用目的が多様でいずれのスコアも関東女子を上回るという結果だったことに対して、関西男子はいずれの利用目的においてもスコアが低い傾向であることが分かりました。

■さらにエリア別でInstagramの利用目的を比較した結果、神戸市は「自ら投稿するため」というスコアが高く出ていることに対して、大阪泉州エリアでは「SNS上の友人と会話するため」というスコアが高く出ているなど、エリアによって利用目的の傾向が異なるという事が分かりました。

 

調査トピック③:Z世代の情報収集実態トピック【YouTube】

買い物やお出かけの情報収集をYouTubeで行うZ世代

■自分が買うものや、行きたい場所の情報収集をする際、どのようなメディア・SNSを利用するかという質問に対して、1位の検索エンジンに次いで、2位がYouTubeという結果が出ました。Z世代にとってYouTubeは単なる「動画エンタメコンテンツ」としての楽しみ方だけではなく「情報収集コンテンツ」としても活用されていることが分かりました。その傾向が強く表れたのは、関西の中でも東大阪エリア、泉州エリア、奈良となりました。

 

<総括>

今回の調査では、関東関西、さらに関西内の各エリアにおいて、幸福度やSNSの利用実態をはじめとするZ世代の価値観や行動の違いを確認することができました。コロナ禍で移動が制限されたZ世代にとって、居住エリアはZ世代の価値観を形成する一つの要素といえるのではないでしょうか。

 

<今回の調査データについて>

今回ご紹介した調査結果に加えて、下記のような調査項目についても聴取し、Z世代研究のデータとして保有しております。

<セミナーの実施について>

今後、プロジェクトの活動の一環として、セミナー開催を検討中です。コンテンツとしては、今回の調査結果報告に加えて、多様化しているZ世代の価値観・意識・行動をテーマとしたパネルディスカッションを、外部からのゲストも迎えて実施する予定です。詳細については別途リリース等で発信して参ります。

<今後の取り組み>

今回はZ世代を紐解くひとつの要素として「居住エリア」に注目し価値観や行動の違いの考察を行いました。引き続き様々な切り口からZ世代の研究に取り組んでいきます。本年度内に予定している活動としては、大学生へのインタビュー及び調査結果Part2のリリース発信を行う予定です。今回の調査結果を大学生に共有し、その結果に対して感じることや、共感できるポイント・できないポイントなどをインタビューしたものをリリースとしてまとめる想定をしています。

本調査・リリースに関する問い合わせ先

日本インフォメーション株式会社  担当 :川島・吉田
TEL : 03-3542-9441  E-mail : ni_inquiry_report@n-info.co.jp

 

<各社の取り組みと概要>

日本インフォメーションは、2020年12月1日に設立51周年を迎えた調査会社です。昭和 ・平成 ・令和と50年にわたって時代の変化を生活者の視点から見つめてきました。多様化の時代を生きる若者を理解する独自の解析手法による枠組みとして開発したU-18クラスターは、Z世代を様々な価値観やインサイトで分類し、分析することができます。現在では、消費財やコンテンツ産業などでご利用いただいております。平成30年間に起こった多様な変化が、「新しい若者」世代を生みました。彼らを理解することは、今の時代、さらにはこれからのAfterコロナの時代に向けた変化と不変性を理解することに通じます。U-18クラスターを中心にZ世代へのリサーチを幅広く取り扱い、若年層向けマーケティングを支援しています。

大広は、2018年6月16日付けで立ち上がった「次世代ロールモデル研究プロジェクト」を前身とした新たな若者研究プロジェクトとして、関西Z世代研究所「D’Z lab.」を発足しました。多様性・個性というキーワードを通じて語られることの多いZ世代について、彼らを一括りの世代として捉えて語るのではなく、多様な価値観・個性をより深く捉えていきたいという意思のもと、活動テーマの幅をさらに広げ、エリア別という視点を軸としてZ世代の価値観・個性を研究していくプロジェクトとして新たに活動をスタートしました。

Recruit採用情報

Marketing,Your life work.

マーケティングを「一生の仕事」に

More Detail