お問い合わせ

2022年春頃から始まり今も継続している値上げラッシュ。原材料の高騰、円安、そしてロシアのウクライナ侵攻の長期化などが影響し、2022年と2023年の2年間で約58,000品目が値上げしました。

そこで、日本インフォメーション株式会社(代表取締役社長:斎藤 啓太 以下、日本インフォメーション)では、これまでに値上げに関する意識調査を複数回行っていますが、今回はその続編として2023年12月時点での状況と消費者の態度変容の把握、さらに行動経済学に基づいた価格設定やダイナミックプライシングの受容性を確認するために本調査を実施しました。


※詳細な調査結果資料(その他の質問/属性別分析を含めたクロス集計データ/報告書)を無料にて配布しております。
ご希望の方は「資料請求はこちら」からお気軽に問い合わせください。
※ご希望の資料名に「長期化する値上げラッシュ、消費者はどう感じている? 値上げに関する意識・行動調査」と記載ください

調査結果について

■主な調査結果

①|値上げの実感

日常生活で物・サービスの値上げを実感するか確認したところ、 2023年12月調査全体では83.6% が「TOP2」(実感する+やや実感する)と回答しています。
2022年11月までは「TOP2」 (実感する+やや実感する)が増加傾向にあったものの今回はやや落ち着いています。2022年10月の値上げ項目はこの2年間で最も多い約7,800品目だったことが影響しているのではと考えられます。
性年代別で見てみると、いずれの年代においても「実感する」と回答する割合は、女性が男性を上回っています。
なお、男性60代、女性50代以上では「TOP2」(実感する+やや実感する)が9割を超える結果となっており、他の層を上回っています。

 

②-1|値上げを実感する品目
<値上げを実感すると回答した人ベース>

値上げを実感すると回答した人に、値上げを実感する品目を確認したところ、1位は「食品(生鮮食品以外)」2位は「生鮮食品(野菜・果物・肉・魚等)」3位は「日用品・化粧品」となり、食品・日用品関連の値上げが他項目に比べてより実感されている様子です。性別で見てみると、家計を握っているであろう女性の方が男性に比べて実感値が高くなりました。
続く「ガソリン代」は全体の54.7%が選択しており、特に男性50代~60代では全体より10ポイント以上上回っています。

②-2|値上げを実感する品目(食品/飲料/日用品抜粋)
<値上げを実感すると回答した人ベース>

続いて値上げを実感する品目の中でも食品/飲料/日用品を抜粋して詳細を確認しました。
食品関連の1位は「インスタント麺(カップ麺、インスタントラーメン等)」で65.7%。次に「パン」「菓子(チョコ、クッキー、スナック菓子等)」「スイーツ、デザート類(ケーキ、プリン等)」と原料に小麦粉を多く使うものが上位に並びます。飲料関連の1位は「一般の乳飲料(牛乳、ドリンクヨーグルト等)」で38.4%。お酒、アルコール類の中でもビール類にフォーカスを当てて見てみると、「新ジャンル」が最も高い17.4% で、これには2023年10月の酒税法改定の影響が背景にあるのではと推察されます。日用品関連の1位は「ティッシュ類(ティッシュ、トイレットペーパー、キッチンペーパー)」で40.2%でした。

③-1|値上げに対する品目ごとの態度変容(ブランドスイッチなし)
<値上げを実感すると回答した品目ベース>

値上げを実感する品目について、『値上げされても、今買っているものと同じ銘柄(ブランド)を買い続ける』と回答された割合をみると、食品関連では「アイス、氷菓」が42.0%と最も高く、次に「基礎調味料(お醤油、塩、砂糖、油等)」が38.4%と続きます。飲料関連では「コーヒー、紅茶、お茶類」が38.4%と最も高く、次に「機能性乳飲料(R-1、ラブレ等)」が36.6%と続きます。日用品関連では「ペットフード、ペット用品」が46.1%と最も高く、次に「スキンケアアイテム(化粧水、乳液、パック等)」が42.7%と続きます。

③-2|値上げに対する品目ごとの態度変容(他のNBへブランドスイッチ)
<値上げを実感すると回答した品目ベース>

値上げを実感する品目について、『値上げされたら、同じ品目でより安く異なる銘柄(メーカーのブランド)に変更する』と回答された割合をみると、食品関連では「基礎調味料(お醤油、塩、砂糖、油等)」が34.8%と最も高いですが、他商品もほぼ横並びとなっています。飲料関連では「お酒、アルコール類(チューハイ、サワー)」が36.7%と最も高くなっていて、こちらも他商品とほぼ横並びです。日用品関連では「衛生・入浴用品(ハミガキ、ボディーソープ)」が37.1%と最も高く、次に「住宅用洗剤、掃除用品」が34.9%と続きます。

③-3|値上げに対する品目ごとの態度変容(PBへブランドスイッチ)
<値上げを実感すると回答した品目ベース>

値上げを実感する品目について、『値上げされたら、同じ品目でも異なる銘柄(プライベートブランド)に変更する』と回答された割合をみると、食品関連では「レトルト食品(カレー、パスタソース、各種総菜等)」が26.4%と最も高く、次に「冷凍食品(餃子、パスタ、から揚げ、野菜等)」が25.6%と続きます。飲料関連では「一般の乳飲料(牛乳、ドリンクヨーグルト等) 」が25.3%と最も高いですが、他商品もほぼ横並びとなっています。日用品関連では「ティッシュ類(ティッシュ、トイレットペーパー、キッチンペーパー) 」が最も高く32.8%で、次に「住宅用洗剤、掃除用品」が25.0%と続きます。

③-4|値上げに対する品目ごとの態度変容(購入を止める)
<値上げを実感すると回答した品目ベース>

値上げを実感する品目について、『値上げされたら、その品目自体買うのを止める』と回答された割合をみると、食品関連では「メニュー用調味料(CookDo、うちのごはん等)」が12.1%と最も高くなっています。飲料関連では「栄養ドリンク・栄養補助飲料(ドリンク剤・ビタミンドリンクなど) 」が20.0%と最も高くなっています。いずれも効率の良さ・手軽さが魅力だが、値上げされたら他の手で代用するといった意見もあるのではないでしょうか。日用品関連では「メーキャップアイテム(ファンデーション、口紅等) 」が8.7%と最も高くなっています。

④-1|態度変容の理由(食品・飲料)

『値上げされても、今買っているものと同じ銘柄(ブランド)を買い続ける』と回答された人にその理由を確認すると、食品関連ではいずれの項目でも「美味しい・好みの味だから」が最も多い結果となり味が一番の重視ポイントとなっています。飲料関連では「美味しい・好みの味だから」を選択する項目が多いなかで、「機能性乳飲料(R-1、ラブレ等)」「栄養ドリンク・栄養補助飲料(ドリンク剤・ビタミンドリンクなど) 」は「その銘柄(ブランド)が好きだから」が多くなっており、味よりブランドが重視されている様子です。

④-2|態度変容の理由(日用品)

続いて、日用品関連について確認してみると、前述の食品関連、飲料関連に比べて品目ごとに違いが出ています。
「衣類用洗剤、柔軟剤」「住宅用洗剤、掃除用品」「衛生・入浴用品(ハミガキ、ボディソープ)」は「昔から買い続けている銘柄(ブランド)だから」が高く、使い慣れたものが定着されている様子です。値上げされたら他の安いNB商品やPB商品にスイッチすると回答した割合が多かった「ティッシュ類(ティッシュ、トイレットペーパー、キッチンペーパー) 」については、「品質が良い銘柄(ブランド)だから」が最も多くなっています。

⑤|値上げに対する気持ち

2022年の春から始まった値上げラッシュも早2年が経ち長期化していますが、 「値上げが続くのは嫌」かを確認したところ、全体の83.2%が「TOP2」 (あてはまる+ややあてはまる)と回答しています。
一方で「値上げに対してしょうがない」と思うかについては「TOP2」(あてはまる+ややあてはまる)、「BOTTOM2」(あてはまらない+あまりあてはまらない)であまり差が開いていません。性年代別に見てみると、男性は10代~40代で「TOP2」(あてはまる+ややあてはまる)の割合が高くなっています。女性は20代以上で「BOTTOM2」(あてはまらない+あまりあてはまらない)の割合が高くなっており、値上げ実感と同様、女性の方が男性に比べてよりシビアな印象が見受けられます。
また、「値上げに対して驚かなくなった」かを確認したところ、いずれの性年代も「TOP2」(あてはまる+ややあてはまる)の割合が多く、相次ぐ値上げに慣れてきてしまっている様子です。

⑥| 商品選択に影響を与える価格設定

価格の設定や価格の呈示方法は、生活者の商品選択に大きな影響を与えると考えられます。人間は感情や心理の影響によって非合理的な行動をとってしまうといった行動経済学の理論を織り交ぜながら、2つの価格の呈示方法についてどちらの方が買いたいと思うかを確認しました。
まず、最近コンビニなどでよく見かける『1本買うと無料引換券がもらえるサービス』を例に聴取したところ、全体値ではほぼ五分五分で、性年代別ではばらつきが見られました。男女共通の回答傾向にある年代に着目すると、10代~20代は「無料クーポン付きのメーカーの150円(税込)のお茶」に、30代は「プライベートブランドの100円(税込)のお茶」に傾いています。

次にamazonなどでよく取り入れられている価格の呈示方法について聴取したところ、いずれの性年代も共通で、定価と割引率が明記されている方の割合が高くなっています。最終価格は同じでも割引率から受けることができる“お得感”が商品選択のポイントと考えられます。

続いてスーパーやドラックストアでよく見る、『まとめ買いすると一つあたりの金額が安くなる』価格設定について確認したところ、いずれの性年代も「対象商品のうち2袋で350円(税込)」の割合が高くなりました。1袋だけで抑えれば200円の方が安いですが、合計金額は高くなるものの単価が安いまとめ買いをついつい選んでしまいがちです。

テーマパークなどで実施されている価格変動制を用いたチケットの価格設定について確認したところ、10代女性を除いて「人数制限をし混雑緩和が予想される9,800円(税込)の1デーパスポート」の割合が高く、特に男性30代~50代、女性40代~60代では6割に上っていました。若年層は混雑していても安さを求め、大人になると価格が高くなってでも混雑緩和されている快適さを求めるのではと考えられます。

⑦|ダイナミックプライシングの受容性

時間帯や時期、地域によって価格を変動する『ダイナミックプライシング』の受容を確認したところ、 「ホテルや旅館の宿泊施設の早割」を「利用したいと思う」で45.6%と最も多く、次に「新幹線や飛行機の乗車券の早割」が44.7%と続きます。旅行関連の早割は意識次第で利用できる機会も広がるため支持されている様子です。
「通勤ラッシュの時間帯を避けると運賃が安くなるオフピーク定期券」は「利用したいと思う+現実的には利用できないが、いい取り組みだと思う計」でみると70.8%で、7項目中4番目になります。現実的には利用できないが、通勤ラッシュが避けられて電車が混雑していない、且つ運賃も安くなるという一石二鳥のサービスは好印象として受け入れられています。

 

今回の調査では値上げの実感はいまだ続いているものの、長期化することで値上げに対しての諦めの声や慣れてしまっている様子も窺えました。一体値上げはいつまで続くのでしょうか、物価上昇に連動して賃金アップが実現するなど、景気が好循環する一年になるのか注目です。
以上、長期化する値上げラッシュ、消費者はどう感じている? 値上げに関する意識・行動調査の結果を抜粋してお伝えしました。


※詳細な調査結果資料(その他の質問/属性別分析を含めたクロス集計データ/報告書)を無料にて配布しております。
ご希望の方は「資料請求はこちら」からお気軽に問い合わせください。
※ご希望の資料名に「長期化する値上げラッシュ、消費者はどう感じている? 値上げに関する意識・行動調査」と記載ください

■調査概要

調査地域:日本全国
調査対象:16~69歳 男女
調査実施期間:2023年12月25日~12月26日
調査手法:インターネットリサーチ
サンプルサイズ:有効回収計 1,033サンプル
レポートの著作権は、日本インフォメーション株式会社が保有します。

内容を転載・引用する場合には、「日本インフォメーション(株)調べ」と明記してご利用ください。

■会社概要
会社名:日本インフォメーション株式会社
所在地:東京都中央区銀座3丁目15-10 JRE銀座三丁目ビル4F代表取締役社長:斎藤啓太
資本金:5,500万円
設立:1969年12月1日
URL:https://www.n-info.co.jp/
事業内容:マーケティング・リサーチ事業、マーケティングコンサルティング 他

■本調査・リリースに関する問い合わせ先

日本インフォメーション株式会社  担当 :高澤
E-mail : ni_inquiry_report@n-info.co.jp

資料請求はこちら

Recruit採用情報

Marketing,Your life work.

マーケティングを「一生の仕事」に

More Detail

調査・見積もり・サービス
調査・見積もり・
サービスお申し込み

資料・調査レポート・ホワイトペーパー
資料・調査レポート・
ホワイトペーパー請求

メルマガ
メルマガお申し込み