お問い合わせ

過去開催セミナー自主調査
日本インフォメーション株式会社(代表取締役社長:斎藤 啓太 以下、日本インフォメーション)では、日頃から飲用頻度の高いお茶飲料のブランド浸透度を調査しました。止渇や癒し、健康増進など様々な特徴をもつ各ブランドの結果を御覧ください。 

■本レポートについて

 

■聴取対象ブランド、設問

 

■主な調査結果

①|お茶飲料 ブランド浸透度(全体)

浸透度ではお~いお茶が認知(94.4%)/全過去飲用あり(89.8%)ともにトップ。他にも午後の紅茶、伊右衛門、爽健美茶、綾鷹は、認知率で90%以上/全過去飲用ありで85%とほぼ同水準で追随。
“最も好き”では、午後の紅茶が17.9%で全体の1位。日本茶のブランドでは綾鷹が最も高かった(11.8%)。
(図表1)

■ブランド浸透度 セグメント定義

認知、飲用経験(全過去/3か月/2週間)、今後飲用意向(あり=ポジ/なし=ネガ)の回答より、ブランドの浸透状況を9つのセグセグメントに分けて分析した。各セグメントの定義は以下のとおり。
(図表2)

②|お茶飲料 ブランド浸透度(ブランド別 ※一部ブランド抜粋)

ブランド浸透度 :お~いお茶(伊藤園)

■全18ブランドのうち、全体での飲用経験率が最も高く90%近くが飲用経験あり。
■直近での飲用も年代の高さとともに増加。特に男性40代では①2週間飲用あり/ポジの構成比が19.0%であった。逆に、男性13-39歳は15%前後が飲用経験なしであった。
(図表3)

 

 

ブランド浸透度 :午後の紅茶(キリン)

■全18ブランドのうち、全体での①2週間飲用あり/ポジの構成比が19.3%と最も高かった。特に女性13-15歳では26.6%と高い傾向。
■女性の方が2週間~3ヶ月飲用ありのスコアが高い傾向にあり、飲用頻度が高めであることが伺える。
(図表4)

 

 

以上、お茶飲料のブランド浸透度調査の結果を抜粋してお伝えしました。


お茶飲料18ブランドの詳細な調査結果資料(報告書)を無料にて配布しております。

ご希望の方はお問い合わせフォームからお気軽に問い合わせください。

■調査概要

調査地域:日本全国
調査対象:13~59歳
サンプルサイズ:4,456サンプル

※n=100未満は「少数サンプル」、n=30未満は「不十分サンプル」のため参考値、n=20未満は非表示 
※資料中の数値は、小数第二位を四捨五入し小数第一位まで表記

調査方法:LINEリサーチを利用したスマートフォンによるプッシュ通知型アンケート
ウェイトバック:総務省人口推計(2019年10月1日現在)をもとに、全人口を1歳加齢し母集団人口を作成。その母集団の性年代構成比に準じてウエイトバック集計。
調査実施時期:2021年3月24日~29日

本レポートの著作権は、日本インフォメーション株式会社が保有します。
内容を転載・引用する場合には、「日本インフォメーション(株)調べ」と明記してご利用ください。

■会社概要

会社名:日本インフォメーション株式会社
所在地:東京都中央区銀座3丁目15-10 菱進銀座イーストミラービル4F
代表取締役社長:斎藤啓太
資本金:5,500万円
設立:1969年12月1日
URL:https://www.n-info.co.jp/
事業内容:マーケティング・リサーチ事業、マーケティングコンサルティング 他

■本調査・リリースに関する問い合わせ先

日本インフォメーション株式会社  担当 : 小倉
TEL : 03-6260-6781  E-mail : niitoiawase@n-info.co.jp

過去開催セミナー自主調査

Recruit採用情報

Marketing,Your life work.

マーケティングを「一生の仕事」に

More Detail