お問い合わせ

Trilemma Compass

トリレンマ・コンパス®

トリレンマ・コンパス®について

女性が関心を持つ生活範囲を大別すると「仕事・自分・家庭」の3つにまとめられます。現代の女性が3つすべてにコミットするのが難しい事を「トリレンマ」と定義付けました。当社が独自に開発したマーケティングサイエンスのツール「トリレンマ・コンパス®」は、3つの生活範囲への関心方向性の違いを可視化することができます。

■ 女性の属性が六角形上の5辺に分散し、関心の方向性が確認可能
■ 特定商品・サービスが受容されている方向性と採用率(長さ)も確認可能

トリレンマ・コンパス®の活用シーン

  • 自社の商品・サービスが受容されているのは、どの方向性でどのくらい採用されているのか、可視化することができます。
  • 単に女性を年代・未既婚・有無職等で分類するだけでなく、意識や志向などの方向性が確認できます。
  • 定量調査・定性調査を組み合わせて、働く女性のペルソナイメージを深化させることが可能です。

ペルソナ設定のイメージ例:フルタイムママ「トリレンマ・コンパス®志向:仕事・家庭方向」

<特徴まとめ>
  • - 朝はお米のご飯を炊いておく
  • - 夕飯は簡単なものを手作りで、どんと大皿に盛る
  • - 時短と省力に関心
  • - 化粧も手早く
  • - 友人が多く、付合いもある
  • - 通常のTVとの接触は少ない

トリレンマコンパス®の活用事例

働く女性の家事実態の把握調査(ホームヴィジット&インターネット・リサーチ)

働く女性の家事実態を把握するために、日記調査とホームヴィジット(家庭訪問)による観察調査を実施。終了後に、インターネット・リサーチでトリレンマ・コンパス®の判定を実施し、3つの生活範囲への関心方向性の違いを可視化させました。

トリレンマ・コンパス®のスケジュール/納品物例

当該リサーチサービスは完全オーダーメイドです。詳細は、担当者までお問い合わせください。