お問い合わせ

Quick interview

クイックインタビュー

特定エリア クイックインタビューについて

各エリア内での拠点となる会場を中心に、徒歩又は自転車などで来れる近隣の方を中心に対象者リクルートしインタビューを実施します。
普段地元の方が利用している集会場などを使用する為、仲の良い友人と雑談やお茶会をするような感覚でより対象者のインサイトを引き出せるインタビューをご提案します。

クイックインタビューはこのような目的でご利用いただいております

  • エリアと属性と特定して調査を行いたい
  • 短期間でまとまった数の定性データが必要

クイックインタビューの特徴

Point1

日常に近い環境・状態でインタビューが行える「団地・マンションなどの集会場」や「近隣の貸し会議室」など、普段参加者が使用する事のある会場を使用する為、より日常に近い環境でインタビューを実施する事が出来ます。

Point2

対象者が調査慣れしていない対象者は実施会場が近隣だからこそ調査にご協力頂ける方なので、普段都心の会場で実施しているCLTやFGIなど調査慣れをしていない方が多く含まれます。

Point3

呼集が困難な「子育て層」「お子様」「シニア層」もリクルート可能実施会場が近隣の為、「子育て層」「幼稚園~高校生のお子様」「シニア層」まで、通常呼集が困難とされている層のリクルートも対応可能です。

Point4

仲の良い友達やサークルなどのグループでのリクルートも可能実施会場が近隣の為、友達やサークルなどのグループでの対応可能です。既に対象者同士が知り合いの為、インタビューなど実施の際には通常よりも少ない時間でラポール形成を行う事が出来ます。

調査概要例

対象者設計は調査目的によって異なります。その都度ご相談いただければ弊社側で最適な設計をご提案します。

実施概要例 ■調査設計 対象者数:5名 インタビュー時間:2時間 書記:有り 対象者条件 1)直近1ヶ月以内に特定の飲料を購入した方 2)参加者同士が知り合いの方■補足事項 ファシリテーターとして貴社ご担当者が1-2名程参加 三尺棚にてPKGの提示も可能 試飲、試食用に冷蔵庫も完備 ※会場により異なります

追加オプション

調査目的によっては、以下の手法を組み合わせて実施する事で、より効率よく調査を行う事が出来ます。

事前アンケート

調査参加前にアンケートを記入してもらいます。「家庭での食事内容を1週間日記につけてもらう」などの、ある程度長期的なアンケートなども対象者にお願いできます。

参加前にタスクを与える

調査参加前に「普段利用しているスーパーへ行きお菓子を〇〇円分購入してもらう」などのタスクを与えます。調査参加直前に実際の売り場を見てきてもらう事により、インタビュー時にはより具体的な発言に繋がります。

実施前後にHUT

インタビュー実施前後にHUTを組み合わせて実施します。日用品の使用はもちろん、「指定の食品を調理し、家族みんなで食べてもらう」など、通常のHUTと同じく実施が可能です。

実施前後に訪問インタビュー

インタビュー実施前後に対象者宅へ訪問インタビューを組み合わせて実施します。 インタビュー時に特に気になる発言をした一部の方へ訪問インタビューをする事で、より効率よく調査を進める事が可能です。