お問い合わせ

Business to Business Research

B to B リサーチ

B to B リサーチの活用シーン

産業及び企業に関しての調査で、お困りのことはございませんか・・・

  • 自社の特色を生かして、新たに対企業サービス事業を立ち上げることを模索中。事業の可能性や検討すべき事項について、
    できるだけ事前に正確に把握しておきたいので、対企業サービス候補の企業のキーマンへ直接インタビューを行いたい
  • 自社の既存商品の特色を生かして、異分野への事業展開を検討中だが、当該市場の動向の詳細が十分に把握できておらず、
    またその分野における事業戦略の為のノウハウがない。まずは当該市場のTOP企業を中心に業界の現状を探り、
    今後の業界の動向を把握しておきたい
  • これまで国内で販売してきた製品の海外展開を検討中。候補エリアでの市場構造及び動向を調査するとともに、 日本とは異なる候補エリア特有のマネジメントのあり方等を含めた、包括的な調査を行い、今後の事業戦略の検討材料としたい

    活用シーン

日本インフォメーションのB to B リサーチ

日本インフォメーションは、以下のポイントを踏まえてご提案致します

Point1
企業オーナー様から利用者までの多岐にわたる調査対象者の中から調査課題に沿った最適な対象者を選定
Point2
各業界によって異なる商品やサービス等の流通構造を把握した上での最適な調査設計をご提案
Point3
B to B調査に特化した経験豊富な専門の企業調査員が担当

日本インフォメーションのB to B リサーチ

B to B リサーチ対応分野

消費財、耐久消費財、有形、無形など様々な分野にてご支援致します

対応分野

B to B リサーチ対応事例

対応事例