お問い合わせ

VOICE.04

リモートワークの実情

新卒で入社以来活躍中のお二人に、どのようにリモートワークを行いながら仕事をしているのか、お話を伺っていきます。まずは現在はどのような部署で仕事をしているか教えてください。

私は、インターネットリサーチグループに所属していて、アンケートをウェブ画面上で作成してモニターへ配信し、データを回収する仕事をしています。すべてオンラインで完結できる仕事だし、現在子育て中で時短勤務ということもあり、ほぼ自宅でリモートワークしています。

私はリサーチ・ディレクション部というプランナー(営業企画)部署で勤務しています。私も基本的にクライアントとの連絡やミーティングもオンラインで実施することができるため、リモートワークすることもあります。その他必要に応じて、オフィス勤務をすることもあり、オフィス・リモートがそれぞれ半分ずつくらいといった割合で勤務しています。

なるほど。部署によって仕事の内容は違いますが、お二人ともリモートワークを日常的にされているのですね。では続いて、普段はどんな流れで仕事をしていますか?

ウェブ上でタイムカードが押せるシステムで、まず出勤っていう打刻ボタンを押して、チャットツールでチームのみんなとは業務上連絡を取っています。あと、月1~2回会議があって、そういう時はTeamsでオンライン会議をしています。

オフィス勤務するときは、頻度は少ないですがクライアントさんと対面でお話する時や、インタビューなどのリサーチを実施する時とかですね。オフィスの隣にリサーチ会場があるんですけど、その会場に出向いて実際にそのリサーチの運営を管轄したりすることもあります。自分の仕事内容次第で「今日は出社しなきゃいけないから出社しよう」と、自分の判断で選択ができていちいち承認が必要ということがないので、すごい社員にとって柔軟な制度なのかなと思っています。

メンバーと直接顔を合わせないで仕事することが多いと、コミュニケーションはうまくとれるものでしょうか。

みんな出社してた時は、例えば上司にちょっと相談したいことがあるけど、忙しそうにしていると声かけづらいなって思うことあるじゃないですか。それをチャットだと気軽にポンポンと打って投げるってことができるのは、逆にいいなと感じています。

リモートになって話にくくなるのかなとか思いきや、案外チャットで気軽に話せるから、業務効率的もちょっと上がったのではないかなと思うところはあります。

在宅環境の整備に、会社から支援などはありますか?

パソコンも在宅勤務になるにあたって会社から支給してもらました。私の場合はモニターも会社から送ってもらって、家ではノートパソコンの画面とモニター画面の2画面で仕事しているので、オフィスで仕事している時と変わらず効率よく仕事することができてます。

在宅勤務手当が毎月5,000円支給されるので、それを通信費や光熱費などに充てています。会社に費用を持ってもらえるってのはすごい助かるなって。驚きました、まさか持ってくれるとは!

なるほど、会社からの支援がそれだけあれば安心してリモートワークできますね。その他でお二人が感じるリモートワークのメリットはありますか?

私は今子供ができてから時短勤務なんですけど、自宅で勤務できているので16時に退勤してすぐの16時30分に子供を保育園に迎えに行けています。仕事の時間と子供との時間が最大限に取れていいなって感じています。

私は満員電車に朝から乗って満員電車で帰るっていうのがなくなったことで、ちょっと遅くまで働いていたとしても全然疲れ度が違うのが、一番大きいメリットですね。

時間を最大限に使って勤務できるので、生活の質をすごく上がったなって感じますね。従業員へのアンケートで、今のテレワークの状態どうですか?っていうことも会社がちゃんと聞いてくれて、ケアも手厚いなと感じます。

「もっとこうしたほうがいいんじゃないか」みたいな社員の意見を、上の人がどんどん積極的に聞いてくれるので、すごい良い会社だなと思います!

そうですね、私も本当にそう思います。

研修や教育はどのようにおこなわれているのでしょうか。支障はありませんか?

リモートワークになってから新しいリサーチ手法の営業ツールがいくつもリリースされましたが、その研修や説明会も都度リモートで行っていました。実際にリモートでロールプレイングで研修とかもあったので、問題なく新しい知識を習得できています。

色々な環境や制度が整っているので、当社でならリモートでも全然成長していけると思います。当社はこれからの多様なライフスタイルに合わせられるように、時短勤務や在宅勤務など必要に応じて働き方が選べますので、長く働いていける環境だと思います。

メンバープロフィール

インターネット・リサーチグループ

R.Mさん

在宅勤務がメイン

営業企画 

H.Uさん

オフィス勤務と在宅勤務が半々