お問い合わせ

Case study 06

事例06

ロングブランドのパッケージデザインリニューアルに際して、現ユーザーの反応を把握したい
(飲料メーカー)

調査背景/課題

ブランドカラーまで生活者に浸透しているロングブランド(飲料)のパッケージデザインをリニューアルする予定がある。現ユーザーの視認性を損ねずかつ、新たなユーザーの取り込みに寄与するデザインなのか確認したい。

調査設計

会場調査(CLT)で売り場再現の棚を複数作り購入意向評価を取得。アイトラッキングも実施し、視線経路データを分析

[調査設計]
  • ■調査手法:会場調査(CLT)+アイトラッキング+DI(デプスインタビュー)
  • ■対象者属性:200名 30~50代男女 ※アイトラッキングとデプスインタビューは、CLT参加者のうち40名に実施
  • ■実査期間:4日間
[調査の流れ]
  • ■会場内に店頭をリアルに再現した陳列棚を設置。現行デザイン棚とリニューアルデザイン棚をそれぞれ異なる100名ずつに評価してもらい、視認性や購入意向を確認。
  • ■アイトラッキングも実施し、実際にリニューアルされたパッケージに視線がいっているのか、気づかれているのかを把握。
  • ■自身の視線計測データを見ながらヒアリングすることで、なぜそのような見方をしたのかを深堀。
  • 模擬購買テスト(CLT)
    模擬購買テスト(CLT)
  • 一部の方はアイトラッキング実施
    一部の方はアイトラッキング実施
  • 視線計測データを見ながらインタビュー
    視線計測データを見ながらインタビュー

提案のポイント

  • - 会場調査(CLT)だけではなく、アイトラッキングも実施することにより、多角的な分析が可能に
  • - デプスインタビューも実施することで、定性的な改善ポイントも聴取できました
  • - デザインの変更による既存ユーザーの見落としリスクも、アイトラッキングで結果が可視化され、社内会議で共有されやすいものに

実施したリサーチ手法

会場調査(CLT)

「試食・試飲」「模擬購買」「デザイン評価」など、生活者の反応がリアルに確認できる手法です。

アイトラッキング

消費者の視線の動きから深層心理を探るリサーチ手法です。

提供サービスを探す

  • マーケティングテーマから探す

    マーケティング戦略上で浮上する各種マーケティングテーマ・課題に対応するリサーチソリューションをご用意しています。課題に合わせたリサーチ手法をお探しいただけます。

  • リサーチ手法から探す

    オフライン、オンライン問わず、多様なリサーチ手法をご提供可能です。

  • NI Original

    日本インフォメーションが提供するオリジナルリサーチメニューを一覧でご紹介致します。