お問い合わせ

Case study 05

事例05

定点的に実施するブランド調査のモニター回答数を適切に管理して実施したい
(菓子メーカー)

調査背景/課題

定期的(年に2回)実施しているブランド調査の回答者から、複数回協力いただいている方は除きたい。これまで単一のモニター群に依頼してきたが、フレッシュな対象者が枯渇してきている。継続的に悩みを解決できる代替策があれば検討してほしい。

調査設計

複数パネルへ配信し、複数回回答の方が参加しないようにパネルをコントロールし、インターネット・リサーチを実施

[調査設計]
  • ■調査手法:インターネット・リサーチ(複数パネルへの配信 ※画面URLは単一)
  • ■対象者属性:1000名 20~60代男女 ※ブランドの関与など、詳細条件も付加
  • ■実査期間:回収2日間
[調査の流れ]
  • ■日本インフォメーションが保有している専用の画面作成システムで、アンケート画面URLを作成
  • ■パネルサプライしている複数のパネルより、条件や回答履歴をコントロールし、適切な3パネルへ配信
  • ■回答重複のカットを実施(複数のデータをキーとして)し、データをクリーニング
  • アンケート画面作成
    アンケート画面作成
  • 複数パネルへアンケート配信
    複数パネルへアンケート配信
  • データ回収・重複回答をカット
    データ回収・重複回答をカット
  • データご納品
    データご納品

提案のポイント

  • - 自社パネルだけではなく、複数社のパネルを使い分けできることにより、回収できるモニター母数を最大化
  • - 定点的に複数回実施されるリサーチでも、回答履歴管理が可能に
  • - どうしても出現する重複回答者のカットについて、これまで蓄積したノウハウにより複数のデータをキーとしてクリーニングし、データ精度を保ちました

提供サービスを探す

  • マーケティングテーマから探す

    マーケティング戦略上で浮上する各種マーケティングテーマ・課題に対応するリサーチソリューションをご用意しています。課題に合わせたリサーチ手法をお探しいただけます。

  • リサーチ手法から探す

    オフライン、オンライン問わず、多様なリサーチ手法をご提供可能です。

  • NI Original

    日本インフォメーションが提供するオリジナルリサーチメニューを一覧でご紹介致します。